FC2ブログ
『ディーリング・ロボット』は、明日の買い候補銘柄をランキング形式で出力するロボットです。その銘柄選定能力を、日本株ファンドの運用という形でシミュレーションしていきます。
20200528 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 7202 いすゞ自動車 2.77 1022
2 3402 東レ 1.96 550.8
3 2502 アサヒG-HD 1.38 4133
4 1878 大東建託 1.33 11090
5 8002 丸紅 1.32 529.5
6 8591 オリックス 1.08 1448
7 9201 日本航空 1.07 2212.5
8 8766 東京海上HD 1.01 4730
9 8306 三菱UFJ-FG 0.95 457.2
10 7974 任天堂 0.94 43860

 利益期待指数が全般に下がっています。
 このところの株価急騰で上昇余地が小さくなったという見方ができると思います。
スポンサーサイト




ディーリング・ロボット仮想ファンド 日本株 について
 ■ ディーリング・ロボットが出力する銘柄ランキングに基づく運用です
 ■ 「利益期待指数」を0に設定した運用です(利益期待指数が0以上であれば買いの候補とする)
 ■ ディーリング・ロボットと「利益期待指数」の説明はこのページ


ディーリング・ロボット仮想ファンドの保有ポジションと運用パフォーマンス
 下記の表をクリックしてご覧ください。
ポジション状況20200529
 4月からスタートして、購入しポジションクローズまで行った銘柄数は17銘柄、うち14銘柄が利益を出し、3銘柄が損失となりました。勝率にして82パーセントです。

 この期間、全体の相場が良かったので買いさえすれば勝てたと言えるかも知れません。だから勝率82パーセントはどうということでもない感じですね。

 ディーリング・ロボットは相場が下落トレンドになった時こそ、その真価が発揮されます。ディーリング・ロボットの出番はもう少し先かな。

運用状況20200529

 日経平均株価のパフォーマンスとディーリング・ロボットの運用パフォーマンスの差が1100円ほどついてしまいました。けれども全然心配はいりません。
 
 ディーリング・ロボットの運用はだらだら下げ相場や急落後の相場において圧倒的な強みを発揮します。その時まで雌伏のとき。


ディーリング・ロボット仮想ファンドの取引ルール
 1. 銘柄ユニバースはTOPIX100構成銘柄、日々のランキング表の上位から順に組み入れ
 2. 株式の売買はすべて前場寄付。ただし買いは成行、売りは一定の保有期間後に買値よりも1ティック高い価格で寄付指値。ただし保有期間が10営業日を超えた場合は、11営業日目前場で成行売り
 3. 保有していた銘柄の売却によって発生した現金は、売却翌日から再投資に利用可能
 4. 売買手数料は約定代金に対して8ベーシス。源泉所得税や消費税、配当は考慮せず
 5. 運用手順をわかりやすくするため、1銘柄への投入額は原則250万円に制限  
  (eg. 運用資産が550万円のとき、250万円☓2銘柄と50万円☓1銘柄の計3銘柄を保有することができます)
   6.  購入時単価の急騰による購入資金不足の発生を避けるため、原則として総資産の2パーセントていどを現金ポジションとして維持する  



ディーリング・ロボット仮想ファンド 日本株 について
 ■ ディーリング・ロボットが出力する銘柄ランキングに基づく運用です
 ■ 「利益期待指数」を0に設定した運用です(利益期待指数が0以上であれば買いの候補とする)
 ■ ディーリング・ロボットと「利益期待指数」の説明はこのページ


ディーリング・ロボット仮想ファンドの本日取引と運用パフォーマンス
 下記の表をクリックしてご覧ください。
 
株価が急騰しています。上がるのはうれしいですが、行き過ぎな感じがします。

 日経平均株価のチャートをみても株価のラインの勾配は売り買いをこなしながらというより、過剰流動性を背景に買わなきゃ損という気持ちなのか、あるいは信用売り方が雪崩を打って買い戻しに走ったかのような、一気に富士山のてっぺんに上り詰めるような形状。
 
 来月の市場は逆に要注意であるような気がします。トリプルウィッチングあたりが転換かな、と想像しています。

ポジション状況20200528
※ 本日、6178日本郵便と7269スズキを売却して残金残高が270万円ほどになりました。予想外の高値で新規銘柄を買ってしまうとも限らないので、現金を20万円ほど残すとして、あすは250万円の予算で購入銘柄を決めます

運用状況20200528

ディーリング・ロボット仮想ファンドの取引ルール
 1. 銘柄ユニバースはTOPIX100構成銘柄、日々のランキング表の上位から順に組み入れ
 2. 株式の売買はすべて前場寄付。ただし買いは成行、売りは一定の保有期間後に買値よりも1ティック高い価格で寄付指値。ただし保有期間が10営業日を超えた場合は、11営業日目前場で成行売り
 3. 保有していた銘柄の売却によって発生した現金は、売却翌日から再投資に利用可能
 4. 売買手数料は約定代金に対して8ベーシス。源泉所得税や消費税、配当は考慮せず
 5. 運用手順をわかりやすくするため、1銘柄への投入額は原則250万円に制限  
  (eg. 運用資産が550万円のとき、250万円☓2銘柄と50万円☓1銘柄の計3銘柄を保有することができます)
   6.  購入時単価の急騰による購入資金不足の発生を避けるため、原則として総資産の2パーセントていどを現金ポジションとして維持する  



20200527 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 8035 東京エレクトロン 3.58 21890
2 2802 味の素 3.55 1797.5
3 9201 日本航空 2.19 2186.5
4 7832 バンダイナムコHD 1.90 5960
5 9202 ANA-HD 1.71 2671
6 4911 資生堂 1.53 6732
7 9984 ソフトバンクG 1.34 4734
8 7733 オリンパス 1.23 1760
9 9021 JR西日本 1.20 7125
10 7974 任天堂 0.97 44100

20200526 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 2802 味の素 6.19 1797.5
2 4901 富士フイルムHD 1.33 4835
3 5713 住友金属鉱山 1.13 2877
4 9433 KDDI 0.91 3075
5 6758 ソニー 0.85 6737
6 6326 クボタ 0.65 1449
7 9434 ソフトバンク 0.59 1340
8 7832 バンダイナムコHD 0.59 5993
9 9735 セコム 0.57 9160
10 6178 日本郵政 0.56 750.8

20200525 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 2802 味の素 5.76 1844.5
2 4901 富士フイルムHD 4.39 4808
3 9984 ソフトバンクG 2.37 4607
4 1928 積水ハウス 2.29 1950.5
5 5401 日本製鉄 2.11 938.8
6 6971 京セラ 1.95 5563
7 7201 日産自動車 1.92 374.7
8 8750 第一生命HD 1.88 1230
9 7741 HOYA 1.88 9526
10 6981 村田製作所 1.82 5930

20200522 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 9434 ソフトバンク 6.65 1319
2 8750 第一生命HD 6.23 1212
3 8309 三井住友トラストHD 5.22 2854.5
4 8053 住友商事 5.12 1203
5 8308 りそなHD 4.54 338.7
6 6971 京セラ 4.29 5552
7 1605 国際石油開発帝石 4.28 721.8
8 4188 三菱ケミカルHD 3.97 590.5
9 5713 住友金属鉱山 3.86 2795.5
10 9433 KDDI 3.75 3075

20200521 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 9433 KDDI 5.73 3085
2 9437 NTTドコモ 3.80 2988
3 6178 日本郵政 3.20 752
4 4452 花王 2.50 8622
5 9984 ソフトバンクG 2.48 4480
6 9434 ソフトバンク 2.45 1375
7 6702 富士通 1.84 10250
8 4661 オリエンタルランド 1.83 15180
9 8766 東京海上HD 1.73 4445
10 9020 JR東日本 1.68 7900

※ ディーリング・ロボット仮想ファンドは、20日時点で245万円の購入余裕枠がある(別途、現金ポジションを10万円残しています)ので、明日は9433(KDDI)を800株寄付にて成行きの買いをします。

20200520 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 6178 日本郵政 5.05 754.2
2 7269 スズキ 3.26 3465
3 4901 富士フイルムHD 2.80 4936
4 8830 住友不動産 2.63 2904
5 9434 ソフトバンク 2.55 1386
6 7270 SUBARU 2.03 2179
7 6758 ソニー 1.84 6747
8 7733 オリンパス 1.62 1688.5
9 8725 MS&AD-HD 1.55 2970.5
10 9433 KDDI 1.54 3181

20200519 までの日足データによる翌営業日の買い銘柄候補ランキング
ランキング 銘柄コード 商号 利益期待指数[0~10] 本日の終値
      (arbitrary unit)   (円)
1 6178 日本郵政 5.95 764.6
2 9984 ソフトバンクG 4.53 4494
3 4503 アステラス製薬 3.62 1703.5
4 7270 SUBARU 2.99 2204
5 8035 東京エレクトロン 2.45 21810
6 1925 大和ハウス工業 2.41 2515
7 9201 日本航空 2.41 1862
8 8801 三井不動産 2.39 1947.5
9 9434 ソフトバンク 2.30 1403
10 8802 三菱地所 2.02 1611

※ ランキングトップの6178(日本郵政)は昨日もランキングトップでした。ただし利益獲得指数は昨日が8.1、今日は5.9という水準ですから、株価の波動は谷から山へと上り坂の状態にあるものと推測できます。

※ 6178(日本郵政)にかぎらず、1925(大和アハウス工業)や8035(東京エレクトロン)、8802(三菱地所)も、そうした株価の波の谷から山に向かう局面にあることをディーリング・ロボットは示唆しています

※ でも今日のランキングの銘柄の多くが利益獲得指数で2ポイント代とあまり高くはないので、市場の上昇局面はそれほど長くは続かないような気がします(利益獲得指数が0というのは、現在の局面が株価の波の振幅の中心付近にあることを示唆しています)。